カードローンの種類

種類と特徴

カードローンには、取り扱う系列によっていくつかの種類があります。

ここでは銀行系・クレジットカード系・消費者金融系の3つに分けて、それぞれの特徴をお話しましょう。お金を借りるときには、目的や金額、状況が個人によって違うはずです。一般にメリットやデメリットといわれるポイントも、利用する人次第で受け止め方が変わるもの。

いかにメリットを有効活用できるかどうかで、自分にピッタリ合ったカードローンが決まってきます。

各会社ごとのカードローン

銀行系カードローン

他のカードローンと比較すると金利が低めの銀行系は、返済金額を少しでも抑えたい方に向いています。

特徴の一つは、賃金業法に適用されないことによる総量規制がない点。

高額の融資を受けたい場合、優先して利用を検討すると目的の金額のお金を借りやすいです。バックには銀行がついていますから、信頼性が高い点も他より秀でています。

ただし審査が厳しくお金を借りられるまでに時間がかかりがちなのも、銀行系カードローンの特徴です。審査に通れば、社会的な信用度の高い銀行がお金を貸しても大丈夫と判を押したようなもの。利用者自身も、一定のステイタスを保証されたように考えてよいでしょう。

返済金額を少しでも抑えたい方は金利の低い銀行系カードローンを

クレジットカード系カードローン

よく買い物をする百貨店やショッピングセンターなどがある方には、クレジットカード系カードローンがおすすめです。

第一のメリットは、買物客をターゲットとしていることによる審査やカード発行のスピーディーさ。ショッピングのたびに独自のポイントがたまったり、セールで特別割引を受けられるなどの特典がつく場合もあります。

お金を借りるときには提携のATMで簡単に引き出すことができるため、カードローンを利用したことがない人にも身近に感じられるでしょう。ただし金利はやや高めに設定されているため、必要なときに短期間借りて早めに返すのが得策です。

百貨店などのショッピングの利用が多い方はクレジットカード系カードローンがおすすめ

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンの最大のメリットは、他のローンより借りやすいという点です。定収入があればアルバイトでも派遣社員でも審査が通りやすく、しかも申し込みをしてから借り入れまでが迅速です。カードローンの中では金利も高めで、あまりよくないイメージを持たれがち。

逆手にとって、高い金利で長期間お金を借りない戒めにしましょう。お金が不足して今すぐにもどうにかしたいというときに、即借りられるのは非常に便利。そのままだらだらと借り続けず、必要なときに借りて早めに返すように心がければ、消費者金融系も上手に使いこなせます。

利用の仕方次第で、使い勝手の良いカードローンになります。 金利は高めですが、審査が通りやすくて利用しやすい消費者金融系カードローン




次のページをチェック ⇒
無職の定義と種類