無職でカードローンの利用限度額を増額できる?

安定収入のある方の増額方法

安定した収入がある場合、カードローンの利用限度を増額してもらうことも可能です。自分で申し込むこともできますし、業者から増額を打診されることもあります。

受けるのも断るのも、自由です。金融業者が増額を申し出てくるのは、返済が順調に進行している場合です。

返済が滞っている人には、増額が打診されるようなことはまずありません。無職の人には自分の定収入がないことから、増額の声がかかる確率は低いです。とはいえ、無職なのに返済はきちんと約束した額も日にちも守られているとなれば、検討の余地はあります。

カードローンには、返済の実績が重要です。決められた額の返済を延滞なく行っていれば、増額も夢ではありません。

安定した収入があり返済の実績が良ければ借り入れ金額の増額の可能性も

無職で限度額は変更可能?

無職の人がカードローンを利用できるのは、条件が限られています。

配偶者に定収入がある場合、年金受給者の場合、保証人がつく場合などです。

利用限度額を増額できるとしたら、可能性が高いのは配偶者に定収入がある場合。つまり、配偶者貸付を利用しているケースです。年金受給者では、将来的に収入の年金がアップする見込みはありません。

いくら返済を滞りなく続けていても、増額融資をして今まで通りの返済をしていけるかという確証は低めです。保証人が返済をしている場合も、増額となれば保証人は自分がお金を使えるわけでもないのに負担が増えるだけです。

いつ返済してくれなくなるか、疑問視されてもおかしくありません。その点、配偶者の定収入が信用されてカードローンを利用できている場合は、働いている配偶者の収入が上がる可能性があります。

もちろん、返済を延滞なく行っているのは最低条件です。

無職の人がカードローンを利用できる条件は

増額申請が通りやすいカードローン

増額申請が通りやすい人は、やはり収入がそれなりに上がっているという条件が優遇されます。

無職のままでカードローンの増額を申請して審査に通るには、慎重に事を運ばなければなりません。中には、増額申請が通りやすいカードローンもあります。

なぜ増額してもらいやすい、してもらいにくいの差が出るのかは、金融業者のターゲットの違いにあるといってもいいでしょう。例えば中流以上の収入層をターゲットにしているカードローンなら、利用者の収入が上がる可能性が高いと見込めます。

もしくは、もともと利用限度額より余裕のある収入だった可能性が高いです。利用限度額が高いと宣伝しているカードローンは、融資の対象を高収入の人に絞っている傾向もあります。

無職でも配偶者の収入を当てに出来る場合、最初から増額申請が通りやすいカードローンにすることをおすすめします。


次のページをチェック ⇒
無職でカードローンの返済をする4つの方法