専業主婦におすすめのカードローンとは?

主婦で審査が通る基準は?

専業主婦とは、家事に専念している女性を指します。

つまり働いて収入を得ていない人を意味し、本人は無職で無収入の状態です。無職で無収入では、カードローンの審査に通るのは難しくなります。

しかし、だからといって全ての専業主婦がお金を借りられないわけではありません。専業主婦でもカードローンの審査に通るには、一定の基準があります。

最も重視されるのが、配偶者の収入。夫が安定した収入を得ていれば、審査に通る確率は大です。配偶者に定収入があることを条件にカードローンに申し込む場合、夫の年収の3分の1までしか借金できません。

貸金業法の総量規制で決められていることですから、もしも年収の3分の1以上借りることができても返済義務はないとされます。

専業主婦がカードローンの審査に通るには配偶者の安定した収入がポイント

夫に内緒で申し込みたい場合

貸金業法の総量規制が完全施行されたのは、2010年のこと。

以降、個人に対する融資は年収の3分の1までと定められました。配偶者の収入を見込んで貸付が行われるのは、配偶者貸付と呼ばれています。

配偶者貸付では、夫なり妻なりの同意を得なければなりません。

専業主婦が夫に内緒でカードローンを利用する、以前は頻繁にあったことです。しかし現在では、夫からの同意を得なければ審査にOKが出ません。

いずれにしても在籍確認は配偶者の勤務先にいくので、何も知らない夫が驚いてトラブルにならないよう了解をもらっておくのが無難です。

総量規制が施行される以前は、専業主婦が夫に黙ってこっそり借金をし、莫大な金額に膨れ上がって返済不能になるケースもよくありました。

カードローンは滞りなく返済できるのが条件なので、夫と相談の上申し込みを検討しましょう。

専業主婦のカードローン利用は配偶者の同意を得ていないといけません

専業主婦に人気のカードローン

専業主婦に人気のカードローンには、大きく分けて2つの傾向があります。

1つは、即日融資が可能なタイプ。必要だと思ったときにスピーディーにお金を借りられるカードローンには、人気が集中します。

審査が簡素化されているのも、高い評価を受けています。

やはり、審査のスピードにつながる条件です。

無職で自分では働いて収入を得ていないのに、配偶者の収入を保証にお金を借りられるのか不安もあるでしょう。そんなときに素早い審査で融資を受けることができたら、支持したくなるのも当然です。

もう1つの傾向は、便利さ。借り入れや返済に利用するATMが近所にあるかは、大きなポイントです。

融資限度額、銀行系かノンバンクかなどの条件も、主婦がチェックしやすいポイントです。口コミで、実際の主婦の利用体験談を参考にするのもおすすめです。


次のページをチェック ⇒
無職でカードローンの利用限度額を増額できる?