無職になった場合

カードローン契約後に退職した場合はどうなるの?

無事カードローン契約にこぎつけたのに、返済中に退職が決まってしまうこともあります。

次の仕事がすぐに始まる予定の人がいれば、就職先の目処が立たない人もいるでしょう。退職の理由も、人によって様々。ですが、いくら収入を滞らせない自信があっても、勤務先が変わったらカードローン会社に連絡する義務があります。

契約時にも、契約内容に変更が生じた際には連絡をするように求められ、了承しているはずです。返済中に無職になった場合、契約書では全額返済を求める場合もあるとするカードローン会社もあります。

しかし実際には、返済計画が見直されるなどの対策が取られるのが一般的なので安心してください。むしろ、いったんは無職になったことを知らせないままでいるほうが問題視されます。

何らかのペナルティを課されることもあるため、退職したら早めに連絡を入れましょう。

契約中に無職になった場合は契約内容の見直しの為にもカードローン会社へ連絡をいれましょう

無職になった場合の返済について

もしも無職になったら、カードローンの返済をどうするか心配になるでしょう。

新しい仕事が決まっているなら別ですが、就職先の当てもなく収入が途絶えてしまうとなれば大問題です。ひとまずカードローン会社に無職になった旨を連絡すると、さっそく返済計画の見直しが図られます。

次の仕事が決まっているとしても、収入に差が出たり給料日が変更になるかもしれません。

余程の事情でもない限り全額返済を求められるようなことはありませんから、正直に相談しましょう。返済の目処がどうしてもつかない場合、全額返済を要求される可能性があるのが保証人がいるケース。

いずれにしても、返済を一度でも滞らせてしまうとブラックリストに掲載されるリスクがあることは覚えておきましょう。金融業者によってはブラックリストを一生ものの記録に残すこともあり、注意が必要です。

返済を滞らせてしまわない為にも職を失った場合はカードローン会社へ連絡を入れるようにしましょう

仕事を辞める前にカードローンを申し込む

カードローンの契約をした後に思いがけず無職になってしまうこともあれば、退職が決まっていてカードローンを申し込む人もいます。

現在定収入があるのですから、申し込みにも契約内容にも何の偽りもないでしょう。返済を続けていける確実な収入の目処があるなら、自分でも不安はないはずです。

仕事を辞めて無職になったことをカードローン会社に連絡して、返済計画等の相談をしてください。金融業者では、滞納せずに返済できる経済力と信用情報を重視してお金を貸しています。

返済が遅れたり不能になって将来的に不利な状況を自ら作ってしまわないよう、返済計画は慎重に考えましょう。滞納さえしなければ、カードローンはあなたの味方です。


次のページをチェック ⇒
無職でカードローンの審査は通る?