無職でカードローンの審査は通る?

審査基準は「安定収入」

無職だからお金に困っている、だからカードローンを利用したい、納得できる理屈ではあります。

しかし、先々も収入の見込みがない人に、金融業者はお金を貸しません。融資したら、返済してもらう必要があるからです。契約した返済計画を守ってもらうためにも、安定収入を得ているかどうかの審査が行われます。

安定収入とは、職業の内容で決まることではありません。大きく関係するのは、勤務実績や将来収入が途絶えることがないという信用性。

審査をクリアした個人の信用が担保とされているだけに、カードローンの返済日はきちんと守っていくことが大切です。安定収入を第一の基準と考えれば、正社員ではなくアルバイトやパートでも派遣社員でもカードローンの利用が出来る確率は高くなります。

返済を滞らせてしまわない為にも職を失った場合はカードローン会社へ連絡を入れるようにしましょう

「無職」の定義によるカードローン審査

安定した収入があるかどうかに比べると、実は無職かどうかは二の次といってもいいのがカードローンの審査。無職の定義にもいくつかあるとわかれば、今現在働いていない事実だけでお金を借りられないことはないと希望がわいてきます。

例えば配偶者に定収入があるなら、自分が無職でも夫や妻の年収の3分の1まではカードローンを利用出来ます。

配偶者の収入状況に、審査の結果が左右されるわけです。今は無職でも近日中に就職が決まっている場合も、審査に通る可能性があります。

保証人をつけることで、OKが出るカードローンもあります。

どのような場合でも、予定通りにきちんと返済できるかどうかがキーポイント。無職でも、返済の見込みがある旨はしっかり伝えましょう。

無職であってもカードローンが利用できるポイントは返済能力があるか?ゆえに返済見込みがある場合はその旨を伝えましょう

本人収入なしでも審査が通るケース

カードローンの申し込みをした本人に定収入がなくても審査に通るケースは、1つとは限りません。

配偶者に安定した収入があるケース、収入に信用のおける保証人がつくケースなど、パターンは数例。中でも配偶者に安定収入がある場合は、最も有利です。ただし配偶者の同意は必要なので、あらかじめ夫や妻に相談しておきましょう。

他にも収入がない学生が身内に保証人になってもらい、カードローンを利用するケースがあります。

保証人に安定収入があるかどうかは、通常の審査と同様です。もしも今無収入でも、カードローンの審査をパスする方法があるとわかれば安心です。

無職で収入がないからと単純にあきらめず、審査に通る条件を備える方向で再考してみてください。カードローンによっても、個別に審査条件を設けながら詳細は公開していない場合があります。

自分に収入がなくても審査が通った人が多いカードローンに、思い切って申し込んでみるのもおすすめです。


次のページをチェック ⇒
無職で即日借りられるカードローン